副業の納税について

皆さんも知らず知らずのうちに簡単な副業で収入を得ているのではないでしょうか。実際に自分自身が将来的な独立を目指して行うようなまとまった金額を収入として得ることができる副業だけではなく、インターネット経由で誰でも簡単に取り組めるアンケートサイトやポイントサイトについても、一定の金額以上を収入としていることになれば納税の義務が発生してきます。

このようなインターネット経由の副業についてはちょっとしたお小遣い稼ぎと言う気分なので様々な取り組みを行い、様々な副業を合算して納税の義務が発生すると言う場合もあります。

もしくは、自分自身の収入はそれほど大きくはなくとも、家族全員で行っている副業が一定金額に達した場合は納税の義務が発生するのか、または確定申告等の必要があるのかなど非常に難しい問題が発生すると思います。
また、アルバイト収入を得ている学生がアルバイト以外で副業を行った際の合算した金額が納税が発生するような場合どのようにすべきかなど。

実際には、様々なパターンが想定される中、比較的インターネットの副業においては、まず、一定金額以上に足したとしても本業にばれることもなく、税務署から追及されるようなオープンになることも少ないのではないでしょうか。しかしながら、実際にこのような副業が公になった時、何らかの情報が漏れてしまったときには間違いなく税金を納める必要が出てきます。

だからこそ、自分自身がどのような収入を得ているのか、可能な限りきちんと把握しておく必要があります。アルバイト等であればきちんとした源泉徴収票や給与明細が出てきますが、ちょっとしたアンケートサイトやポイントサイトではこのような明細が出てこないからです。

だからこそ、意識してインターネットの副業に取り組む必要があると言えるでしょう。結果的に一定以上の収入に足した場合は納税の義務が発生すると考えるべきではないかと思います。
そして、前述のようなアンケートサイトやポイントサイトで明細が明確でない場合どうするかなどは事前に相談をし、税務署等からアドバイスをもらったことをお勧めしたいと思います。

いずれにしても、副業収入を得る以上は一定収入があれば税金を納める必要が出てくる事は言うまでもありません。

いかにしてその金額を明確にするか、内容を明確にするかをあらかじめ専門家の方々からアドバイスを得ておくことこそが1番の近道になってくるのではないでしょうか。